ブロックチェーンを利用した
再生可能エネルギー普及のためのアプリ

Aizu Lab × ENERES


本事業に関する詳細

本事業に関する詳細は、福島県及び参加各社のホームページよりご覧いただけます。

■福島県
平成29年度福島県「再生可能エネルギー関連技術実証研究支援事業」の採択状況

https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/32021b/gijyutsuzissyo1.html

■株式会社会津ラボ
「再生可能エネルギー関連技術実証研究支援事業」に採択され、"ブロックチェーンを活用した電力取引" 実証実験を福島県で開始

http://www.aizulab.com/pdf/20170609aizulab.pdf

ブロックチェーンを活用したスマートシステムによる、「高齢者の見守りサービス」、福島県浪江町で実証試験を開始

http://www.aizulab.com/pdf/20180116aizulab.pdf

■株式会社エナリス
「再生可能エネルギー関連技術実証研究支援事業」に採択され、 "ブロックチェーンを活用した電力取引" 実証実験を福島県で開始

https://www.eneres.co.jp/news/release/20170609.html

ブロックチェーンを活用したスマートシステムによる、「高齢者の見守りサービス」、福島県浪江町で実証試験を開始

https://www.eneres.co.jp/news/release/20180116.html

株式会社会津ラボ 株式会社エナリス


サーキュラ(Circula)

ブロックチェーンを活用したエネルギーシェアアプリ、Circula(サーキュラ)。
会津ラボとエナリスは、再生可能エネルギーの効率的な利用を促進し、 循環型社会の実現を目指します。


再生可能エネルギー関連技術実証研究支援事業

「再生可能エネルギー関連技術実証研究支援事業」は、福島県が、県内の民間企業等を対象に、東日本大震災後に新たに研究開発を進めてきた再生可能エネルギー関連技術について、その事業化・実用化のための実証研究事業を支援する取組みです。
今般の共同実証事業では、
  ①コンセント型スマートメータ『SMART PLUG』
  ②ブロックチェーン
  ③専用Webサイトとスマートフォンアプリ
の3つで構成される電力データの計測・記録・管理システムにおいて「高齢者の見守りサービス」の有効性検証と、模擬の節電要請による電力制御検証を実施致します。

■実施要綱

場所 福島県内
期間 平成29年6月~平成30年2月末日

■サービス提供イメージ

■システム概要

『SMART PLUG(スマートプラグ)』 コンセントに接続した電気機器の消 費電力量を計測し 、アプリに表示する。会津ラボが開発した『SMART PLUG (スマートプラグ)』は、電力データをブロックチェーン上に記録するハードウェアとソフトウェアで構成され、電力需給の逼迫時には、 赤外線コントロールやコンセントの電源を切って、電力使用量をコントロールする。

会津ラボ
  • 家庭向けスマートタップの設置・管理
  • ブロックチェーンを活用した家庭向けアグリゲーター・システム構築
エナリス
  • ブロックチェーンを活用した上位アグリゲーター・システム構築
  • DRの実施
  • ブロックチェーンと連携した「見守りサービス」などの提供
会津大学 技術実証へのアドバイス

■株式会社会津ラボ
コンピュータ理工学を専門とする国際色豊かな公立大学法人「会津大学」(平成5年4月開学)の第1期生が、平成19年1月に設立。平成24年4月に商号を株式会社会津ラボへ改めました。会津ラボは、「会津大学」の大学発ベンチャー企業として公式認定を受けています。「会津大学」建学の理念"to advance knowledge for humanity"を掲げ、人類の為になる高度な知識と技術を世の中へ創出してまいります。

所在地 福島県会津若松市インター西53 2F
代表者 代表取締役社長 久田 雅之
事業内容
  • iOS/Androidアプリ開発、WEBシステム開発、3DCG・画像・映像制作
  • IoT、EMS、スマート農業、ドローンなど新技術領域における研究開発
  • 観光クラウド「指さしナビ」
資本金 2,950万円
設立 平成19年1月4日
URL

http://www.aizulab.com/

■株式会社エナリス
新電力の需給管理業務代行を創業事業として、平成16年に設立されたエナリスは、需要予測や気象予報士による発電予測など、需給管理業務代行を通じて得たノウハウを活かし、現在は、法人電力ユーザー向けに最適な電力を提案する「エネルギーエージェントサービス」などを展開しています 。 エナリスは、分散型エネルギー社会を見据え、今後もさまざまな取り組みを進めてまいります。

所在地 東京都千代田区神田駿河台二丁目5番地1 御茶ノ水ファーストビル 14F
代表者 代表取締役社長 小林 昌宏
事業内容 エネルギー情報業
資本金 3,571,537千円(平成29年12月31日現在)
設立 平成16年12月24日
URL

https://www.eneres.co.jp

よくある質問

実証に参加したいのですがどのように申し込めばいいですか?

個人のお客様に関しましては、平成29年度の実証に関する募集は平成30年2月16日までとなっております。応募多数の場合、締切期日前でも募集を打ち切ることがございます。また、設置条件によっては、本事業にご参加いただけない場合がございます。平成30年度以降の実証に関しては、当ホームページで告知します。法人のお客様に関しましては、こちらからお問い合せ下さい。

取得するデータの種類と利用目的は何ですか?

スマートプラグを通じて、各家庭から、温度、湿度、家電電力使用量を収集し、快適情報案内や、見守りサービス及び模擬的な節電要請に利用する予定です。

専用アプリの入手方法、使用方法を教えてください。

iOS版アプリはこちら、Androidアプリはこちら からダウンロードいただけます。 サポート対応OSはそれぞれ、iOS10以上、Android4.4以上です。

「DR(ディマンドレスポンス)」とは何ですか?

電力使用量の増加が見込まれるタイミングで、節電等を実施しグループ内での総電力使用量を調整する取り組みのことをディマンドレスポンス(DR)といいます。本事業においては、模擬的なDRを発動して皆さんに節電にご協力いただくことで、その実用性の実証を行います。

お問い合わせ

専用アプリ、スマートプラグの使用方法に関するお問い合わせ ■福島実証サポート窓口
 EMAIL: fukushima_jisshou@eneres.co.jp
本事業全般に関するお問い合わせ ■株式会社会津ラボ
 TEL: 0242-23-8285
 EMAIL: info@aizulab.com
■株式会社エナリス(経営企画部)
 TEL: 03-4226-2611
 EMAIL: fukushima_jisshou@eneres.co.jp

メールでお問い合わせ

参加同意書

下記より「同意書」をPDFファイルでダウンロードすることができます。

同意書 PDFダウンロード